男ウケする行動と逆効果な行動【デート編】

恋愛

気になっている人とデートに行く予定です。

これはNG、これはOKという好印象のコツがあれば知りたいです。

男ウケを狙うと言ってもよく分からない、わざとらしくなるしできない、という方は多いんじゃないでしょうか。

もちろん私もそっち側です笑

今回はデート中に男ウケする行動と逆効果な行動について考えてみました。

男ウケするデート中の行動4選

デート中に男ウケする行動と考えると難しくなるのでシンプルに考えましょう。

これからあなたは「そこまで深い関係でない相手と一緒に遊ぶ」のです。

相手が同性でも異性でも、年上でも年下でも同じ。

男だからどうとかでなく他者にどう接するべきかを考えれば、それがそのまま好印象に繋がります。

例えば、以下のポイントを押さえるだけでも男性ウケを勝ち取ることができます。

①会話のテンポを相手に合わせる

相手の仕草や視線を真似する「ミラーリング」というテクニック。

これは相手と同じように足を組み、相手と同じタイミングでコップを持つ、という風にすることで、相手がこちらに好意を抱いてくれるという心理学のテクニックです。

このミラーリングは仕草だけでなく、会話のテンポや話し方にも応用することができます。

 

相手がゆっくり話すようだったら、こちらも落ち着いたペースで話し、

相手の声が大きめだったら、こちらも少しだけボリュームを上げる。

そんな感じで会話のテンポを揃えることができれば、相手は自然と親近感や安心感を覚えてくれます。

②理解されるのでなく理解しようとする

デート中、様々な場面で相手の気遣いを感じられると嬉しくなりますよね。

これは男性だって同じこと。

相手からの気遣いを感じられれば嬉しいに決まっています。

 

例えば男性が地味に気にしているのがデート中の会話です。

緊張していればお互い無口になってしまうし、無理にテンションを挙げてから回れば後で凹みます。

相手が一方的に喋って聞き役に徹すれば「なんか疲れた」と感じてしまうでしょう。

 

そんな会話のコツは「自分がどう上手く喋るかではなく、相手に興味を持って相手を理解しようとすること」です。

会話の中で自分の話ばかりしないで、相手にも質問したり話を振ってみたり。

相手が緊張しているようなら先に自分の話をして、それから相手にパスを出してみたり。

そういう些細な気遣いができれば、「話しやすくて楽しかった」という印象を持ってもらいやすくなります。

③否定はしない

相手の好きなものを否定する、相手の考え方を否定する、

いくら理解できないことがあっても、頭ごなしに否定するのは良くありません。

これは異性間だけでなく、日常の人間関係においても非常に大切なことです。

 

「そういう考え方もあるんだ」、「そういう趣味もあるんだ」

相手の考え方に賛成はできなくても尊重する、相手の趣味嗜好を知ろうとする、

これは相手を理解しようとする行動です。

そして人は、自分に興味を持ってくれる人、理解しようとしてくれる人に対して好意を抱きます。

④笑顔でいる

笑顔は大事、当たり前。

当たり前のこと過ぎますが、デート中には意識的に笑顔でいるように心がけた方がいいです。

普段クールな人でも緊張しいの人でも笑顔はマストです。

例えば、こちらは普段通りにしているだけでも、ただ緊張しているだけでも、相手からしたら「つまらなそうにしてる」、「なんかイライラしてる」という風に取られてしまう恐れががあります。

対して、笑顔であればマイナスな印象を与えることはまずありません。

もちろん、何でもかんでも爆笑してろみたいな極端な話でなく、常に口角が上がってるくらいの微笑みを保つだけでも印象はだいぶ変わりますよ。

脈なしすぎて辛い時にできる3つの前向きな対策
好きな人がいますが、明らかに脈なしで辛いです。 この状態から逆転することはできるんでしょうか。 簡単に諦められなくて辛いです。 片思い、されど相手は明らかに脈なし。 そんな状態の時ほど...

男ウケの悪い勘違い行動3選

男ウケを狙うつもりでいたけど、むしろ逆効果だった。

一般的に知られているようなテクニックでも、実は男性ウケが悪い行動はたくさんあります。

それを知らずに使っていればただの勘違い女、痛い人、最悪ピエロです。

ここからは男性ウケの悪い勘違い行動を3つ紹介しましょう。

①わざとらしい上目遣いや過度なボディタッチ

上目遣いやボディタッチは付き合っているくらいの関係で初めて効果が期待できるテクニックです。

知り合って間もないうちや、1回目のデートで使おうものなら印象はむしろ悪くなるでしょう。

「遊びなれてそう…」

「やたら触ってきてキモい…」

「わざとらしくてウザい…」

みたいに思われてもおかしくありません。

これらのテクニックがハマる相手は軽い男、チャラい男、やり目男くらいなので要注意です。

②根拠なく相手を褒めたり立てる

相手を気遣ったり理解することが大切と言いましたが、やたらと褒めまくるのは逆効果になります。

表面上はいい感じでも実際は「わざとらしい」、「本当は思ってないくせに」という風に舌打ちしてるかもしれません。

相手を理解することは褒めることではありません。

本当にすごいと感じてないならすごいと言う必要はないし、だからと言ってくだらないと言う必要もありません。

思いやりを持ちつつ素直でいることが、何より大切だと思います。

③大げさなリアクション

手を叩いて大声で笑ったり、何でもかんでもカワイイを連発するなど、

自分では明るい性格を演出しているつもりでも、男性からすればただ品がないように映るかもしれません。

学生ノリ、友達ノリ、素の自分を見せられるのはいいことかもしれませんが、その「ありのまま」は要注意。

それをいいねと感じる人と同じかそれ以上に、良くないと感じる人がいることを考えた方がいいです。

【おすすめの婚活アプリ】

youbride(実績No.1の定番婚活アプリ)

マリッシュ(シンパパ・シンママ優遇の人気婚活アプリ)

Match.com(ハイスペ男子多めの世界最大級婚活アプリ)

【おすすめの恋活アプリ】

・ペアーズ(幅広い年齢層が利用する老舗マッチングアプリ)

・omiai(老舗の恋活・婚活アプリの定番)

【結婚相談所】

婚活Lead(自分に合った結婚相談所を無料でリストアップ)

スマリッジ(初めてのオンライン結婚相談所ならここ一択!)

【恋愛や結婚の無料相談】

恋愛
七海をフォローする
恋愛@HACK&UP

コメント

タイトルとURLをコピーしました