マッチングアプリで出会ったことを結婚式で言い換える必要はある?

マッチングアプリ

マッチングアプリで出会った人と結婚することになりました。

結婚式や親に馴れ初めをどう説明しようか悩んでいます。

馴れ初めがマッチングアプリだと言うことに抵抗がある人は少なからずいると思います。

今でこそ珍しくもない出会い方だと思いますが、親や友達に受け入れられなかった場合を考えると不安になりますよね。

そこで今回はマッチングアプリで出会ったことをどう説明するかを考えていきたいと思います。

マッチングアプリで出会ったことを結婚式で言い換える方法

結婚式での紹介、両親への挨拶、友達や知人への告知。

結婚相手との馴れ初めを説明するにあたってまず考えたいのは、マッチングアプリで出会ったことを正直に言うかどうかだと思います。

 

①正直に言う
②遠回しに言う
③誤魔化す

 

選択肢は3つありますが、個人的には正直に言ってしまっても何も問題はないかなと思いますね。

①正直に言う

マッチングアプリで出会ったことを正直に伝えるのは勇気がいりますが、長い目で見れば一番気持ちが楽になる方法だと思います。

真実を濁したり言い換えたりするのは相手に対して申し訳ないような気持ちになるし、バレたらどうしようというハラハラ感もあります。

ましてや結婚するとなれば詳細を根掘り葉掘り聞かれる可能性もあるので、嘘をついていればどうしてもふわっとした話しかできなくなります。

 

対して言い換えたりせずに正直に話せば後ろめたいことは何もないし、取り繕ったり口裏を合わせたりする心労もなくなります。

正直に話すってことは周りにどう思われるかというよりは、自分自身が楽になれる方法なんですね。

②遠回しに言い換える

親世代には「マッチングアプリって出会い系のことでしょ?」というイメージを持っている人が大勢います。

もちろんそのイメージは後ろ向きでネガティブ。

そういった部分でのイメージの悪さや誤解を生まないためには、遠回しに言うなりの工夫が必要となります。

 

特に厳格な家庭だったり真面目な両親の場合は、伝え方にはよく配慮するべきでしょう。

マッチングアプリで出会い系という言葉は使わずに、

「SNSのコミュニティ」

「婚活サービス」

といった風に言い換えれば受け取る印象もかなり変わってきます。

③誤魔化す

あまりオススメしませんが、どうしても世間体を大切にしたいならマッチングアプリで出会ったことを隠すことも一つの方法です。

 

・知人・友人の紹介
・趣味のコミュニティ、サークル
・職場・バイト先

 

無難にまとまるのは上記のような馴れ初めでしょうか。

事前に相手と口裏を合わせて設定を決めておいたり、式場側に説明しておけば馴れ初め部分を細かに掘り下げたりせずにさらりと触れる程度で式を進めることもできます。

デメリットとしてはバレたらどうしようという不安と、嘘をついているという罪悪感を背負うことです。

馴れ初めを気にする必要がない理由

マッチングアプリで出会ったことを言い換えたり隠したい気持ちは分かりますが、そこまで気にする必要はないと私は思っています。

そう言える理由は3つほどあるので、順に詳しく説明していきます。

①SNSで出会うことは珍しいことではないから

ネット上で人と知り合うことは珍しいことではありません。

今は5人に1人はマッチングアプリを使っている時代です。

マッチングアプリに対するイメージは年々普通になっていってるし、若い世代になるほどその傾向は顕著だと思います。

 

結婚式ではっきり言うのが嫌ならいくらでも誤魔化す方法があり、式場側に配慮してもらうことも可能です。

何よりも覚えておきたいのは「別に悪いことをしているわけではない」ということです。

マッチングアプリで出会うことは何も悪くないし、珍しいことでもないのです。

②人はそこまで他人に興味がないから

雨の日に道端でズッコケた人を見たことはありますか?

おそらく記憶をたどれば誰でも一度くらいはそんなシーンを見たことがあると思います。

しかし、その時に転んだ人の容姿まで細かに記憶している人はいないでしょう。

 

つまり、人はそこまで他人に興味がないのです。

人前で転んだ当人は大恥をかいたと思うかもしれませんが、それを見ている人たちは相手のことを気にしていないし笑ったりもしません。

なんなら、怪我してないかと心配してくれる人の方が多いと思います。

 

結婚式での馴れ初め紹介だって同じこと。

新郎新婦の馴れ初めをそこまで気にする人はいないし、何なら翌日には詳細を忘れている人だって多いはずです。

マッチングアプリで出会ったことを後ろめたく思うのは杞憂でしかないと思います。

出会いの形に口出しする方が野暮だから

逆のパターンで考えてみましょう。

自分が招かれた知人友人の結婚式で「マッチングアプリで知り合いました」と言われた時に、相手を笑ったり軽蔑したりするでしょうか。

私だったらそんなことしないしできません。

素直に相手の幸福を願って祝福すると思います。

 

出会いの形なんて人それぞれだし、ネット上で出会うのはマイノリティなんかではありません。

だから、偏見や好奇の目を向ける人の方が非常識だし単純に失礼だと思いませんか。

変な反応をされた時は「こちらが何かおかしなことをしているのではないか」、「後ろめたいこと悪いことをしているのではないか」と不安になります。

が、それはむしろ逆で、おかしなことをしているのも悪いことをしているのも相手側なのです。

こちらが不安になったり傷ついたりする必要はまったくないし、堂々としていればいいだけです。

まとめ

 

結婚式での馴れ初めでマッチングアプリで知り合ったことを隠す必要はない。

 

正解不正解はわかりませんが、私はそのように考えます。

理由はシンプル、マッチングアプリで出会うことは何も悪くないし後ろめたくもないから。

世間の価値観は日々すごいスピードで変わっているので、結婚に関しても早くそんなことで悩まない時代が来ればいいのにと思いました。

真面目に出会いを探すなら「マリッシュ」がおすすめ



☑特徴

・会員数80万人以上
・バツイチ、シングルの優遇
・アプリ内に電話機能
・30〜40代が中心(男女比5:5)
・女性の利用は無料

☑公式サイト

結婚・恋愛マッチングサービス
いいね婚「マリッシュ」/R18

コメント

タイトルとURLをコピーしました