アラフォー売れ残り女の脱出法を考える

人生

私はたまに自分のことを「アラフォー売れ残り女」と自虐します。

同時に心の中で「売れ残ってねーし、自分の意志で独身でいるだけだから!」とセルフツッコミを入れています。

世間からの厳しい風当りと、実際に厳しいことだらけのアラフォーの結婚事情。

「売れ残りじゃねーし!」とムキになる人に限って図星だったりするので、今回は売れ残り女脱出法を考えていきます。

「売れ残り」の定義

世間ではアラサーアラフォーで独身でいるだけで「売れ残り」判定してくる輩が少なからずいます。

男性は30、40で独身でも普通、というか今の時代は男女関係なく生涯独身でもおかしいことではないのに、女性には根深く「結婚してない=売れ残り」みたいな価値観があるんですね。

私がそういった呼称に声高に反論したいのは、結婚したいのに余ってしまっている状態ではなく、結婚しようと思ってないから結婚していないだけなのに一括りされていることについてです。

 

それは参加していないレースで勝手に順位をつけられて「はい、あなたの負けです、遅いですね」とレッテルを貼られるようなもの。

「はぁ?」となるし別にレースに参加などしていないのです。

 

ここでは「売れ残り」の定義をアラサーアラフォーで結婚していない人ではなく、

結婚願望があって結婚できていない人」を指すことにします。

アラフォー売れ残り女を脱出する方法

①完璧主義をやめる

実際に見たことはありませんが、パートナーに年収1000万以上を求める人がいるそうです。

加えて30代、イケメン、高身長、有名大卒など条件をオプション感覚で増やしていくのだとか。

こうして出来上がった【わたしの考えた最強パートナー】を探し続けて気づけば40代…。

 

これは擁護のしようがありません。

売れ残るのは当たり前というか、自分から積極的に残りに行ってるよねと思います。

※断じて私のことではありません

 

国税庁の調査によると30代で年収1000万円以上稼いでる男性は約1%だそうです。

その1%の人でなおかつ結婚願望のある男性と結婚できる確率ってどれくらいだと思いますか?

これは相手に選ばれる必要があるので明確な競争になります。

相手の好みなどの基準はバラバラだし、そもそも相手と出会える確立も関わってくるので、競争に参加することすら至難の業でしょう。

 

つまりですね、年収1000万の30代イケメン高身長高学歴男なんて意図的に狙えるものではないし、狙えたところで容易に勝てる競争でもないわけですよ。

そりゃあ生涯を共にするかもしれないパートナー選びとなれば妥協できないのは分かります。

けど、自分自身が女性としてどれくらいのランクなのか、需要はあるのかといったところをしっかり見極められなければ残念ながら「余り物」になってしまうでしょう。

②自分を知り改革せよ

20代前半までは何もしなくても相手が寄ってくるのが若さの特権。

アラサーくらいから急に声が掛からなくなり、こちらから動かないと何も起こらないようになっていきます。

草食系の人が増えたから、自分の良さに気づけない人が多いのが悪い(今いる場所が悪い)、そう愚痴りたくなるのは分かりますがまず気づく必要があります。

単純に自分が年取ったから相手にされなくなってきたんだと。

 

一つ言いたいのは年を重ねてもモテる人はいます。

それは彼女たちが加齢を受け入れつつ、できる努力を行っているからです。

「加齢を受け入れつつ」←これが超重要。

加齢に逆らってとか、抗ってはNG。

 

見た目の若作りほど痛々しいものはないし精神面も同じです。

若い頃のままの喋り方だったり、失礼な態度だったり、天然ぶったり、ぶりっこしたりなど…。

精神は外見と違って意図的に成長させないと若いままでいます(意外と)。

だから加齢を認めないでいると、見た目はおばさんなのに中身は子どもみたいなモンスターが誕生します。

まずは、自分自身をしっかりと見つめて全てを改革していく必要があります。

喪女を脱出する方法まとめ
喪女はとりあえず内面そのままでいいから、外面を気合いで変えよう 今回の内容はこれが肝になります。 すぐに変えられる部分と長い目で見ていく部分の両面から変えることで外見を本格的に改善。 それだけ変えればとりあ...

③いつまで磨き続けるんだ!行動せよ!

自分を改革する。

自分磨きと言い換えることができますが、これには注意点があります。

ずっと磨き続けて、磨くだけで終わる可能性、です!

 

物凄く当たり前の話をします。

『あるところにテニスが好きな少女がいました。

彼女はテニスのチャンピオンになりたくて一生懸命練習をします。

何度も何度もラケットを振って練習、充実感のある日々を過ごしています。

数年の月日が流れました。

練習、練習、練習。

毎日練習しているのに一向にチャンピオンになれません。

「自分にはもう十分な実力があると思うのに…」そう呟きながら彼女は今日も練習に向かいます。

さて、彼女はなぜチャンピオンになれないのでしょうk…』

 

はよ大会に出ろや!!

 

テニスのチャンピオンになりたいのだったら、テニスの大会に出ましょう、以上です。

 

恋愛、婚活の場においてもまったく同じことが言えます。

自分磨き、自分探し、大いに結構。

でも手段が目的になってしまっては本末転倒。

磨いた自分を、見つけた自分を、出会いのある場に自分から出向かないと何も起こりません。

 

今の時代マッチングサービスとか使えばいくらでも異性とコミュニケーション取ることができます。

アラサーアラフォーが「出会いが無くて…」はもう言い訳にできない時代になっているのです。

アラフォー独身女性が婚活目的でマッチングサービスに手を出した結果
今回は私の実体験。 タイトルを付けるなら「引きこもりだったアラフォー女がマッチングアプリに手を出してみたらヤバいことになった」って感じでしょうか笑 構成としてはマッチングアプリあるあるとそれに付随するアドバイスになります。 ア...

売れ残りは「負け上がりの逆トーナメント」を登っていく

マッチングサービス→婚活パーティー→結婚相談所

魅力的な人は気軽に始められるマッチングサービスで売れていきます。

そのステージで上手く行かなかった中で結婚願望が強い人は、どんどん右に進んでいくケースが一般的です。

 

結婚相談所は男女ともにどうしても相手が見つからない、訳ありな人のセーフティネットのような働きをしています。

そのネットですら経済産業省が行った調査によると成婚率は10%を切っているというから非常に厳しい世界であることが分かります。

いい相手を見つけたかったら利用者(母数)の多い場所で戦うのが当たり前。

実は私もすごい結婚したかったわけじゃないけど、マッチングアプリを使っています。

喪女のためのマッチングアプリデビューガイド
喪女にはとにかく出会いがありません。 異性の友達はいないし、周りの友達も同じタイプが集まるので異性との接点はなし。 出会たところで会話が弾まない、というか何を話せばいいか分からない。 そんな状態を放置しておくのは危...

結婚、出産だけが女性の幸せではない

冒頭で「独身と売れ残りは違う」と書きましたが、これは負け惜しみでも何でもないです。

当たり前ですが、結婚や出産だけが女性の幸せというわけではないんですよね。

望んで独身でいる人にとって、残念な人というレッテルを貼られたり同情して気を遣われることほど辛いことはありません。

 

私自身、結婚願望がないわけではありませんが、あるとも言えないん感じです。

「できるならしてもいいけど、なきゃないで別にいいよ」ってくらい。

結婚していない自分が可哀想なヤツだとか残念な人だとはまったく思わないし、何か言われても気にしません。

場のノリや流れでアラフォー売れ残り女を自称することはありますが、まぁそれはそれということで笑

平穏に仕事しつつブログで考えてること書いて、楽しくやっていければいいじゃん!と思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました