アラフォーで売れ残りの状態ってやばい?婚活を成功させる方法を考える

アラフォー,売れ残り人生

現在アラフォーですが、いまさら婚活で焦っています。

今から頑張っても難しいでしょうか?

これが売れ残りってやつでしょうか?

私はたまに自分のことを「アラフォー売れ残り女」と自虐します。

・減っていくチャンス
・上がっていく理想
・失われていく若さ

未婚率の増加などもあって今後はそういう言い方もされなくなるんだろうけど、

客観的に見てそういう状態になっている感は否めないなーと思うわけです。

今回はアラフォー売れ残り状態を変える方法を考えてみました。

アラフォーで売れ残りになる3つのパターン

アラフォーで売れ残りの状態になってしまう人は大抵は以下の3パターンに分類できます。

①理想が高すぎる
②問題を先送りにしてきた
③自尊心が低すぎる、恋愛に苦手意識がある

順に詳しく説明していきましょう。

①理想が高すぎる

結婚相手に求める理想が高ければ、結婚の難易度も上がってきます。

対して人は年齢が上がるほど色々なことを知るので、相手に求める条件やハードルも高くなります。

例えば、ネットを見ているとごくたまにパートナーに年収500~1000万以上を求める人がいます。

加えて20~30代、イケメン、高身長、有名大卒などの条件を、オプション感覚で追加していきます。

これは擁護のしようがありません。

売れ残るのは当たり前というか、自分から積極的に残りにいってるようなものです。

 

国税庁の調査によると30代で年収1000万円以上稼いでる男性は約1%

その1%の人でなおかつ結婚願望のある男性と結婚できる確率ってどれくらいだと思いますか?

これは相手に選ばれる必要があるので明確な競争になります。

相手の好みなどの基準はバラバラだし、そもそも相手と出会える確立も関わってくるので、競争に参加することすら至難の業でしょう。

 

つまり、年収1000万の30代イケメン高身長高学歴男性なんて意図的に狙えるものではないし、狙えたところで容易に勝てる競争でもないわけです。

たしかに生涯を共にするかもしれないパートナー選びとなれば妥協できないのは分かります。

けど、自分自身が女性としてどれくらいのランクなのか、需要はあるのかといったところをしっかり見極められなければ残念ながら「売れ残り」になってしまうでしょう。

②問題を先送りにしてきた

嫌なこと、面倒なこと、大変なこと、

すべて先送りにしたくなりますよね。

「婚活しないとなー、けどまだいいかなぁ…」

このように自分が婚活を先送りにしてることを自覚できているのはまだいい方です。

 

危険なのは無意識に婚活に意識を向けることを避けたり、言い訳を用意して自分を正当化する人です。

「今は仕事に集中したいから」

「熱中している趣味があるから」

「友達と遊んでる方が楽しいから」

たしかに、他のことで人生が充実しているのは真実かもしれません。

 

しかし、こうやって婚活を先送りにすればするほど腰は重くなるし、難易度も上がっていくということは理解した方がいいです。

婚活を始めるなら早ければ早いほどいいのも真実なのです。

③自尊心が低すぎる、恋愛に苦手意識がある

・恋愛経験がほぼない(もしくは0)
・自分に恋愛は無理だと思ってる
・自分の容姿などに強いコンプレックスがある

本当は結婚願望があるのに恋愛に対して苦手意識があったり、自分に自信が無さすぎる人は売れ残りになりがち。

恋愛経験が少ないことがコンプレックスなら、その状態には早い段階で向き合った方がいいことは言うまでもありません。

なぜなら、そのまま年を重ねるとコンプレックスがさらに強まって、余計に恋愛できなくなるから。

そうしていつまでも動かないでいると、本当に手遅れになって動けない状態になってしまいます。

アラフォー売れ残りの状況を変える3つの方法

アラフォーで売れ残りの状態を変えるには、環境と自分を変えるしかありません。

①出会いの数を増やす
②自分を知り改革する
③積極的に行動する

その方法を順に詳しく説明していきます。

①出会いの数を増やす

理想が高すぎる、問題を先送りにしてきた、恋愛に苦手意識がある、

いずれの場合でも出会いの数を増やすことが効果的な対策になります。

 

出会いの数が増えれば男性のアベレージが見えてきます。

同時に自分の理想がどれだけ現実とかけ離れているかを学ぶことができます。

 

問題を先送りにしてる人は、とりあえず出会いの数さえ増やしてしまえば動かざるを得なくなります。

出会いを探すのが面倒と感じても今はマッチングアプリがあるので、ベッドに寝転がりながらでも出会いを探すことができます。

 

恋愛に苦手意識がある、自己肯定感が低い人は、荒療治ですが出会いの数を増やして異性とガンガン交流していくしかありません。

自転車に乗らなければ自転車に乗れるようにならないのと同じで、異性と関わることでしか苦手意識は改善されないと思います。

どうしても無理、恋愛とか異性コミュニケーションが分からないという人は、最初から結婚相談所を利用するのもありだと思います。

ただ、結婚相談所も場所によってサポート内容や料金が大きく異なります。

自分に合った結婚相談所を探して一括資料請求できる無料サービスなどを積極的に活用していくことをオススメします↓

婚活Leadとはどんなサービス?特徴や評判について徹底解説!
婚活のために結婚相談所の利用を考えてます。 けど、どこを選べばいいか、自分に合っているかが分からなくて困ってます。 結婚相談所と一口に言ってもその数はたくさんあります。 どのサービスを選べば...

②自分を知り改革する

黙っていても異性が寄ってくるのは若さの特権。

アラサーくらいから急に声が掛からなくなり、こちらから動かないと何も起こらないようになっていきます。

草食系の人が増えたから、自分の良さに気づけない人が多いのが悪い(今いる場所が悪い)、そう愚痴りたくなるのは分かりますがまず気づく必要があります。

単純に自分が年取ったから相手にされなくなってきたんだと。

 

一つ言いたいのは年を重ねてもモテる人はいます。

それは彼女たちが自分の年齢を受け入れつつ、できる努力を行っているからです。

「自分の年齢を受け入れつつ」←これが超重要。

年齢に逆らってとか、抗っては痛い若作りになるのでNG。

 

見た目の若作りほど痛々しいものはないし精神面も同じです。

若い頃のままの喋り方だったり、失礼な態度だったり、天然ぶったり、ぶりっこしたりなど…。

精神は外見と違って意図的に成長させないと若いままでいます(意外と)。

だから加齢を認めないでいると、見た目はおばさんなのに中身は子どもみたいなモンスターが誕生します。

まずは、自分自身をしっかりと見つめて全てを改革していく必要があります。

喪女を脱出する方法まとめ
喪女はとりあえず内面そのままでいいから、外面を気合いで変えよう 今回の内容はこれが肝になります。 すぐに変えられる部分と長い目で見ていく部分の両面から変えることで外見を本格的に改善。 それだけ変えればとりあ...

③積極的に行動する

自分を改革する。

自分磨きと言い換えることができますが、これには注意点があります。

ずっと磨き続けて、磨くだけで終わる可能性、です!

 

物凄く当たり前の話をします。

『あるところにテニスが好きな少女がいました。

彼女はテニスのチャンピオンになりたくて一生懸命練習をします。

何度も何度もラケットを振って練習、充実感のある日々を過ごしています。

数年の月日が流れました。

練習、練習、練習。

毎日練習しているのに一向にチャンピオンになれません。

「自分にはもう十分な実力があると思うのに…」そう呟きながら彼女は今日も練習に向かいます。

さて、彼女はなぜチャンピオンになれないのでしょうk…』

 

はやく大会に出よう!!

 

テニスのチャンピオンになりたいのだったら、テニスの大会に出ましょう、以上です。

 

恋愛、婚活の場においてもまったく同じことが言えます。

自分磨き、自分探し、大いに結構。

でも手段が目的になってしまっては本末転倒。

磨いた自分を、見つけた自分を、出会いの場に出さないと何も起こりません。

「自分磨きを続けていれば男性の方から寄ってくる」という考えは楽観的過ぎるし、自分から積極的に行くことを怖がってる言い訳に過ぎません。

 

今まで婚活が上手く行ってこなかったなら、その今まで通りを変える必要があります。

自分から出会いを探しに行って、自分から積極的にアプローチをかけていく。

「出会いがない」という問題はマッチングアプリを使うことで解消できます。

※真剣度が高く結婚願望がある人が多いアプリはユーブライド↓

アラフォー売れ残りが婚活を成功させるには?

本格的に婚活を始めたとして、アラフォー女性が望む結果を得るためにはどうすればいいのでしょうか。

そのポイントは山ほどあると思いますが、ここでは特に重要だと思う部分を紹介します。

①理想や条件を見直す
②同世代、年上をターゲットにする
③デートでは割り勘を提案する

①理想や条件を見直す

結婚相手に求める条件や理想は自分で決めてはいけません。

まずは「普通」がどれくらいなのか、自分はどれくらいまで求められるのかを把握することが大切です。

例えば、男性の世代別平均年収は以下のようになっています(2019年9月~2020年8月)。

20代:371万円
30代:484万円
40代:573万円
50代:661万円

これは平均ですが、なんなら少し高いくらいでしょう。

実際にはこれ以下の人なんてたくさんいるし、地方を見ればさらに下がってもおかしくありません。

 

このように、自分の感覚で条件を決めるのでなく、現実をしっかり把握していかないと婚活でもズレが生まれてくる恐れがあります。

そりゃあ誰だって望めるなら年収1000万超えがいいし「せめて500万くらいは…」とか思いますけどね。

②同世代、年上をターゲットにする

アラフォーで婚活をするなら、20代を狙うのは現実的ではありません。

なぜなら、多くの男性は自分と同年代か年下の女性とのマッチングを望んでいるからです。

そうなってくると「自分より年下」を条件にしていると、なかなかマッチングしないというミスマッチが生まれてしまいます。

30代くらいなら狙えなくもないと思いますが、いったんは自分と同年代~それ以上も条件に入れることを強くオススメします。

③デートでは割り勘を提案する

婚活で知り合った人とデートに行く際、お店の支払いはウソでもいいので割り勘を提案しましょう。

奢られて当たり前、財布を出さない、そういった態度は相手に最悪な印象を与えます。

「貧乏なのかな?」

「お金目的の寄生か?」

「奢られて当たり前の顔してるのがムカつく」

自分にどんな価値観があろうとも、結局のところは相手がどう感じるかが全て。

もちろん、相手が奢ってくれるというなら遠慮なく甘えればいいと思います。

アラフォー売れ残り女性の末路は…?

アラフォーで売れ残りの状態を変えずに、そのまま年を重ねた人はどうなるのでしょうか。

普通に生活していく、幸せに生きていく、もちろんそういう人もたくさんいるし、今後は増えていくと思います。

しかし、以下のような状態に陥る人もたくさんいると思います。

①幸せそうな人に憎悪を抱くようになる
②友達と疎遠になる
③結婚・出産だけが幸せではないと割り切る

①幸せそうな人に憎悪を抱くようになる

人生が上手くいっていない人ほど、他者に対して攻撃的になります。

それは、幸せそうな人の足を引っ張ることでストレスを解消する目的と、

幸せそうな人を否定することで自分を正当化させようとする心理が働くからでしょう。

失敗した人を過剰に叩いて炎上させたり、男性を悪とみなしフェミニストをこじらせたり、

端的に言えば闇落ち状態、

②友達と疎遠になる

アラフォーをさらに過ぎると、友達とは疎遠になりがちです。

なぜなら、友達は家庭生活に追われて若い頃のように遊んでいられなくなるから。

おひとりさま同士で仲良くなっても、いつ抜け駆けされるかは分かりません。

自分だけが独身なことに後ろめたさを感じて、自分から離れていく人もいるでしょう。

③結婚・出産だけが幸せではないと割り切る

これは負け惜しみとかってことじゃないんですが、

当たり前のこととして、結婚や出産だけが女性の幸せというわけではないんですよね。

望んで独身でいる人にとって、残念な人というレッテルを貼られたり同情して気を遣われることほど辛いことはありません。

 

私自身、結婚願望がないわけではありませんが、あるとも言えない感じです。

できるならしてもいいけど、なきゃないで別にいいよ」ってくらい。

結婚していない自分が可哀想な人だとはまったく思わないし、何か言われても気にしません。

場のノリや流れでアラフォー売れ残り女を自称することはありますが、まぁそれはそれということで笑

平穏に仕事しつつブログで考えてること書いて、楽しくやっていければいいじゃん!と思っています。

【おすすめの婚活アプリ】

youbride(実績No.1の定番婚活アプリ)

マリッシュ(シンパパ・シンママ優遇の人気婚活アプリ)

Match.com(ハイスペ男子多めの世界最大級婚活アプリ)

【おすすめの恋活アプリ】

・ペアーズ(幅広い年齢層が利用する老舗マッチングアプリ)

・omiai(老舗の恋活・婚活アプリの定番)

【結婚相談所】

婚活Lead(自分に合った結婚相談所を無料でリストアップ)

スマリッジ(初めてのオンライン結婚相談所ならここ一択!)

【恋愛や結婚の無料相談】

人生恋愛
七海をフォローする
恋愛@HACK&UP

コメント

タイトルとURLをコピーしました