40代既婚女性の多くは恋愛に飢えている

恋愛

40代既婚女性で恋愛したいと思っている人は少なくありません。

実際に行動に移すかどうかはともかく、夫以外の男性にときめいてしまった経験がある人は意外と多いのではないでしょうか。

 

絶対に人に言えない、行動に移すわけにもいかない。

 

けどだからこそ相手に惹かれてしまう。

今回は40代既婚女性の恋愛について考えてみました。

40代既婚女性が恋愛したいと思う理由

40代既婚女性と言えば立派な主婦です。

熟年までは行かなくても、結婚してそれなりの期間が経っている人が多い時期と言えます。

しかし、そんな40代には不倫する人が非常に多いです。

生活も安定して落ち着いてきたのになぜそんな波風を立てるのか。

40代既婚女性が恋愛したいと思う心理を考えてみました。

女性として見られたい願望

結婚すると女性は「母親」としての役割を演じる時間が増えていきます。

家庭ではお母さん(ママ)と呼ばれ、学校や地域の行事では「○○ちゃんのお母さん」と呼ばれる。

とどめは子どもの友達から「おばさん」と呼ばれることでしょうか。

 

呼び方の変化はそのまま役割の変化でもあります。

母親である自分に不満があるわけではありませんが、女性である以上はどうしても「女性として扱われたい」という願望が誰にでもあるのが普通です。

そんな願望が強くなった時、思わず「恋愛したい」と思ってしまうのです。

日々の生活がマンネリ化している

結婚した直後は新鮮で楽しい時間が続き、子どもが生まれてからは忙しくも充実した時間が続きます。

しかし、そんな日々はあっという間に過ぎ去り、いつの間にか同じような毎日を繰り返すだけの日々になっていきます。

生活は安定している、若い頃に比べればお金にも余裕がある、子どもは健康に成長している。

何も問題ありません。

 

問題なく、淡々と静かに過ぎてゆく日々。

しかし、そこにはなぜか一抹の不安と寂しさが漂っています。

どうすればこの気持を埋められる?

日常に刺激を与えられる?

そんなメランコリーな気分のときに恋愛したいと思います。

40代は性欲が高まるから

先程、40代女性には不倫する人が多いと書きましたが、それには根拠があります。

相模ゴム工業株式会社が行った調査によると、20代〜60代で最も不倫する割合が多かったのが40代だったのです。

40代女性で不倫相手がいると答えた割合はなんと20%近く。

アンケートは自己申告なので、実際にはその数はさらに増えると思われます。

 

この背景には女性の性欲が30〜40代くらいがピークということが挙げられます。

環境要因では家庭で女性として扱われず、マンネリ化した日々を淡々と過ごしていることが挙げられます。

そして結婚当初や育児に追われていた時期が過ぎて以前よりも時間の余裕がある状態になっている。

そういった要素が噛み合って40代女性は非常に浮気が起こりやすい時期になっているんですね。

あとは出会いさえあれば多くの人が不倫に走ってしまうというわけです。

40代既婚女性が夫にときめかなくなる理由

不倫がいけないことであることは皆わかっています。

それなのに別の相手に魅力を感じてしまうのは、ひとえに夫に男性としての魅力を感じなくなっていることが考えられます。

ここでは40代既婚女性が夫にときめかなくなる理由を考えてみました。

家族感がありすぎて恋愛要素がない

家庭内で女性が「母親」になってしまうのと同じように、男性は「父親」の役割を演じます。

さして珍しくもない普通の家族の風景。

いいことなのか悪いことなのか、この状態が長く続くことで夫は「男性」ではなく「父親」というポジションになってしまいます。

 

好きとか嫌いの次元を超えて一緒にいるのが当たり前の状態なのが家族です。

家族に恋愛感情は抱かないし、もちろんそんな気分にもなりません。

女性が夫のことを「パパ」とか「お父さん」と呼び出すようになってきたらいよいよ危険な状態と言えますね。

体型や見た目のおじさん化

最近では身だしなみやアンチエイジングに気を使う男性が増えましたが、まだまだ少数派というのが実際のところです。

若い頃はスラッと痩せていたような人でも30代で太り始め40では見る影もなくなるなんてことは日常茶飯事。

結局は本人がどう思うか次第なので強くは言えませんが、ビール腹のおじさんに男性としての魅力を感じるかというと難しい話。

 

40代って健康面でも見た目の部分でも若い頃からの努力や積み重ねの差が大きく出てくる時期だと思います。

みすぼらしくたるんだ男性が増える一方で、毎日ジムに通ってたくましい体を維持している男性も大勢います。

普段から自宅でだらしない夫を見ていればそのギャップはなおさら強く働きます。

帰宅して寝転がってお菓子を食べている夫を見てため息。

これでは夫にときめくことは無理な話なのです。

関係が冷え切っていたり、ストレスが溜まっている

結婚生活が長くなれば当初の初々しい気持ちはどこへやら。

お互いに家庭内での最低限の役割を演じるだけになっている人は大勢いるでしょう。

出張や残業が多くてすれ違いが多かったりすれば関係は自然と冷めていきます。

 

夫婦仲が悪いわけではないけど会話の数は少なく、喧嘩というほどではないけど日常での些細な小競り合いが多い。

そんな状態が続くとどうしても相手の嫌な部分ばかり目立ってしまいます。

単純な話、嫌いな相手に恋愛感情を抱くことはできないのです。

40代既婚女性が他の男性にときめく瞬間

ここまで40代既婚女性にありがちなケースを色々考えてきましたが、もうお分かりでしょうか。

これだけ色んな条件が重なっていれば、40代既婚女性は外で出会う男性に恋愛感情を抱きやすい状況にあるのです。

だから不倫してもいいという話にはなりませんが、いい雰囲気になれば間違いが起こることも不思議ではないのです。

それでは40代既婚女性はどんな時に他の男性にときめくのでしょうか。

女性扱いされた時

シンプル・イズ・ベスト!

家庭で母親として頑張ってきた人は、会社や外で女性扱いされた時にときめいてしまいます。

なんてことない場面で優しくされたり、気を遣ってもらったりした時などケースは色々あります。

私は独身ですが、建物から出て靴を履くまでのあいだ頭上でずっと傘をさしててくれた男性にときめいたことがあります。

悩みや愚痴を聞いてもらった時

夫や家庭への愚痴は他人に言いづらいもの。

しかし、飲み会などで愚痴を聞いてもらったときに親身になって相談に乗ってくれたり、共感してもらえた時は本当に気持ちが楽になります。

同時に話を聞いてくれた相手の優しさに思わずときめいてしまうんですね。

夫との対応に雲泥の差がある時ほどその男性へのポイントは高くなります。

同窓会への参加、昔の友達に会った時など

「同窓会で意気投合して…」は不倫が起こりやすい状況トップ3に入りそうですよね。

実際に昔の友達と会って不倫とまではいかなくても、数人のグループで定期的に飲みにいったりするようになる人もいます。

そして、昔の友達と会うと学生時代の記憶が蘇ってくるので、恋愛したいという気持ちも再燃しやすいんですね。

思い出は思い出のままに…とキレイにいかないのが世の中の常なのです。

40代既婚女性が男性の恋愛対象になるために

どうしても恋愛への憧れが抑えきれない。

そんな方は夫や子どもを悲しませないためにも、絶対にバレないように事を進めなければいけません。

そして、自分にその気があっても男性から相手にされなければ本末転倒です。

ここからは40代既婚女性が男性の恋愛対象になるために必要なことを考えていきます。

バレずに安全に出会いを探すのであればマッチングアプリを使うのが常識。
出会いに困ることはまずないし、周囲の人にもバレにくいというメリットがあります。
ただ、最近のアプリでは利用層が若すぎるので40代におすすめのアプリをこちらの記事で厳選紹介しています。
興味がある方は自己責任でご覧ください↓
おすすめのマッチングアプリと失敗しない選び方
マッチングアプリっていくつあるか知ってますか? 改めて調べてみると滅茶苦茶種類が多いです。 私が知ってるだけでも数十種類以上あります。 マッチングアプリはサービスによっては怪しいものもあるし、時間を無駄にするだけの...

自分磨きを怠らない

自分磨きを頑張ることは相手のためもあるけど、それ以上に自分に自信を持つために必要なことです。

40代は自分が思っている以上に体中にガタが来ているので、

食事・睡眠・運動の観点からバランスよく健康的な体を作っていくことが大切です。

※いきなり生活習慣が改善されたり、スキンケアに気合が入ると夫に怪しまれる可能性があるので要注意

大人としての余裕を持つ

とあるメディアの調査によると、40代女性は男性の恋愛対象に十分なり得るとのこと。

そして40代女性に求められる素養は「大人の余裕」なのだそうです。

大人の余裕ってなんやねんと思いますが、簡単なこと。

礼儀、気遣い、優しさ、包容力、落ち着き、つまりは気品ですね。

もちろん大人の余裕だけあればいいという話ではないので、上述のような自分磨きと並行して磨いていきたい部分ですね。

40代からの恋愛は楽じゃないのです…苦笑

めんどくさい女にならない

相手の男性に極度に依存したり、相手にされないからといって躍起になったり。

ひどい場合は家庭を顧みずメンヘラ状態に陥ったり、ストーカー化してしまうこと。

私の身近にはいませんが、ニュースなどを見ているとそういった不倫絡みの事件は全国各地で起こっているようです。

 

事件を起こすほどの執着は自分にはないと思っていても、男性に相手にされなかったり揉めることで家庭に影響が出ることは注意しなければいけません。

夫に当たってしまったり、露骨に不機嫌になったり落ち込んでいたり。

あくまで恋愛は家庭とは関係ないと割り切る気持ちが大切です。

40代既婚女性が恋愛した結果起こりうること

不倫をすると誰かが不幸になると言いますが、そうでしょうか。

悪魔的なことを言うと、バレなきゃやってないのと同じだし必ずしも誰かが不幸になることはないと思います。

私は昔付き合ってた男に浮気されてメチャクチャ傷ついた経験があるんですけどね。

40代で振られた、彼氏と別れた場合のリハビリを考える
前回の記事では「40代カップルが別れる原因と今後のこと」ということで、こちらが相手を振るていで話を進めました。 そんなわけで今回は逆パターン。 40代で彼氏に振られてしまった場合の立ち直り方を考えていきたいと思います。 ...

生活にメリハリが生まれた

不倫したことで生活にメリハリが生まれた。

緊張感と背徳感と楽しさのある新たな習慣が加わったことで、マンネリ化していた家庭生活からも脱出できてしまうケースがあるようです。

イメージは最悪かもしれませんが、考え方は習い事や新しいことにチャレンジするのと同じ感覚だと思います。

家族関係が良くなった

不思議なことに不倫によって家族関係が良くなった、夫に優しくできるようになったという人はたくさんいます。

そのメカがニズムは家庭内のストレスを恋愛で解消していることにあるでしょう。

これも習い事と同じ感覚ですが、家庭以外にもコミュニティや居場所を増やすことは家庭環境を良くすることに役立つはずです。

もしくは、不倫していることへの後ろめたさや申し訳なさから家族に優しくなってしまう人もいるようですね。

家族関係が悪くなった(バレて修羅場化も)

不倫することで夫への嫌悪感が強まってしまった。

相手のことを本気で好きになってしまい家族がどうでもよくなってしまった。

不倫がバレて全員入り乱れての修羅場化してしまった。

 

どれだけ前向きに考えても、最悪のケースを挙げないわけにはいきません。

家族仲がよくなるのはむしろ稀なケースで、多くの場合は誰かが不幸になることが不倫の終着点のような気がします。

 

悪いと分かっていても止められない。

それはまるで禁断の果実を食べてしまったイブのようです。

結局のところ、どこまで言っても人は本能や好奇心に抗えないものなのかもしれませんね…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました