一回り年下の男性への最大のアプローチは「引き撃ち」です

恋愛

一回り年下の男性にときめいてしまったことがある人は意外と多いそうです。

最近のドラマや漫画でも年上女性と年下男性のラブコメが増えてますよね。

ただ、一回りも年下の男性と恋愛するなんてフィクションの話にも思えます。

 

・自分なんかが相手にされるわけない

・好意を向けてドン引きされたら立ち直れない

・周囲の人たちの視線が怖い

 

こんな風に自分の中の常識が様々な不安や悩みを生み出します。

それでもどうしようもなく好きになってしまった場合はどうすればいいのか。

今回は一回り年下の男性にアプローチする方法を考えていきます。

一回り年下の男性へのアプローチは難しい

前提として覚悟しておきたいのは、「一回り年下の男性へのアプローチは難しい」ということです。

ただ、難しいとは言っても不可能なわけではありません。

仲良くなることから始めてゆっくり距離を縮めていけば、恋人にすることも十分可能です。

実際に私の周りにも一回り以上年下の男性と付き合っている人がいます。

まずは一回り年下男性にアプローチをかけるにあたって知っておいた方がいいことを確認していきましょう。

一回り以上年上は対象外という男性は多い

どれだけ仲良くなっても一回り以上年上の女性は恋愛対象外という男性は多いです。

その場合、こちらの好意を悟られた瞬間に距離を置かれるかもしれないし、どれだけ頑張っても一定のところから距離が縮まらないかもしれません。

会話の中でどこまでが恋愛対象かを上手く聞き出せればいいですが、それも難しいですよね。

最初から勝ち目のない戦いにならないように、周囲の人に協力してもらうなどして相手の恋愛対象を知っておくことが大切です。

「いい感じ」の大半は社交辞令と勘違い

年下の男性とすごくいい感じになっても、その多くは女性側の勘違いです。

相手が年上ということで愛想よく合わせてくれたり、気を遣ってテンションを上げてくれるだけの場合。

もしくは最初から恋愛対象外だからこそ、気負わずに自然体で接してくれてるだけの場合。

悲しい話ですが、いくら仲良くなっても最初から恋愛への道が閉ざされているパターンは少なくないのです。

あらゆる価値観が異なるのが当たり前

職場で仕事の話をする分には話せるけど、休憩中の雑談では驚くほど話が合わない。

懐かしいと感じるものがまるで違ったり、最近の流行りにまるでついていけなかったり。

どれだけ勉強してついていこうと思っても、リアルタイム世代のノリについていくことって難しいですよね。

何より、こちらが無理して合わせるのは素直に疲れます。

趣味やノリだけなら良くても、価値観そのものが違ったり年下ゆえの幼さを見ると対等な恋愛関係を築くのは難しいかもって感じます。

アラフォー独身の私がたった2週間で彼氏を作った方法
今の仕事はやりがいがあるし、好きなものを食べたり旅行に行ったりもできる。 服もアクセも欲しいものが買えてそこそこに満足度の高い生活を送れている。 それでも夜に一人でベッドに入るとどうしようもなく考えてしまうことがあります。 ...

一回り年下の男性への最大のアプローチは「引き撃ち」です

一回り年下の男性と付き合うのが難しいことを確認したうえで、

最も効果的にアプローチをかける方法は「引き撃ち」だと思います。

「引き撃ち」とはシューティングゲームなどで使われるゲーム用語。

相手の攻撃を受けて下がりながら、こちらも攻撃することを意味します。

 

つまり、年下男性への「引き撃ち」とは、相手からのアプローチを引き出すということ。

相手から迫っているように見せて実はこちらがアプローチをしている」という構図を作ることが年下男性攻略への糸口になります。

もっと簡単に言えば、「こちらの好意を悟らせずに相手を惚れされる」ということです。

具体的な方法をいくつか紹介していきます。

デートの空気を出さずに誘う

 

「あれ?この人オレに気があるんじゃないか?」

 

年下男性へのアプローチで、そう思われてしまうのは危険です。

なぜなら、男性は女性に迫られると反射的に引いてしまう人が多いからです。

がっついてる、必死過ぎる人を見ると相手はかえって冷静になるもの。

ましてや相手が一回り以上も年上だと、結婚に焦っているんじゃないか、そんな風にこちらを見ていたのか、という衝撃も大きいです。

 

そう思われないためにも年下男性を誘う時は、デートっぽい雰囲気を作らないことが大切。

夜に会うことは避けて気軽に行けるランチや映画など、もっと言えば何らかの理由があった方がいいです。

複数人で遊んだりすることから始めてもいいですね。

趣味や流行を理解する

若者の趣味や流行を楽しむ必要はありません。

興味を持つこと、知ろうとすることが大切です。

若者の流行にやたらと詳しいのは無理してる感じがするし、まったく興味なしで話ができないのもNG。

 

話をあわせるよりも、相手に話してもらってこちらが歩み寄ろうとする姿勢が大切だと思います。

特に流行りでなくても相手に熱中しているものがあるならチャンス。

自分の好きなものに興味を持ってくれることが嬉しくない人はいないので、そこに理解と興味を示すと一気に距離を縮めることができます。

 

※私の友達で一回り以上年下の彼氏と付きうようになった人は、彼氏のバイク趣味に上手く乗っかっていきました。

「バイクに一度乗ってみたい」的な話をして、「それじゃあ…」ということでバイクに乗せてもらうことになって…という感じでしたね。

直接的なアプローチはしない

先程もいったように、年下男性に対してこちらから直接的なアプローチをするのは危険です。

狙いはあくまで「男性側がこちらにホレてしまった」という構図を作り出すこと。

苦しいかもしれませんがどれだけ距離が縮んだと思っても最後のひと押しは男性側からのアプローチを待ちましょう。

 

相当に仲良くなっていたり二人で飲みに行けるような仲になっているのなら、助け舟を出したりアシストして相手がアプローチしやすい状況を作って待つだけ。

それで何か起こらなくてもじっと耐え忍んで次のチャンスを待つのがいいです。

おすすめのマッチングアプリと失敗しない選び方
マッチングアプリっていくつあるか知ってますか? 改めて調べてみると滅茶苦茶種類が多いです。 私が知ってるだけでも数十種類以上あります。 マッチングアプリはサービスによっては怪しいものもあるし、時間を無駄にするだけの...

一回り年下の男性と付き合うことは可能です

恋愛における年齢差はあってないようなもの。

アプローチをかけて引かれてしまったり距離を置かれてしまうのは、いきなり過ぎて相手の心の準備ができていないからです。

相手が一回り以上年上だと、最初から年長者として見てしまって恋愛対象外になっている場合が多いんですね。

 

「一回り以上年上がNG」という人でなければ、時間をかけて仲良くなっていけば恋愛対象になることは可能です。

それはこちらからガンガン仕掛けて振り向かせようとするのでなく、アプローチと思わせずにジワジワ意識させていく方が有効。

その手段が「引き撃ち」ということです。

ネーミングはやや強引ですが、一回り以上年下の男性にアプローチをかけるなら効果的な手段だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました