帰省中に出会いを探す3つの方法とメリット

恋愛

GW、お盆、年末年始。

実家を出ている人が帰省するタイミングは意外と多くありません。

しかし、タイミングが同じということは、友達や同級生も大半が帰省している可能性が高いということです。

今回は帰省中に出会いを探す方法とメリットについて考えていきます。

帰省中に出会った人と付き合うメリット

 

帰省中に出会った人と付き合い始める人はたくさんいます。

学生時代の友達、友達の友達、かつての恋人と復縁、昔好きだった人との再開。

思いつくだけでもたくさんのパターンが思いつきますね。

そして、個人的に帰省中に出会った人と付き合うことはメリットが多いと思っています。

5秒考えただけでも3つのメリットを挙げることができました。

①共通の話題が多い

帰省中に出会う人は地元が同じ、もしくは非常に近い位置にあるということ。

以前から顔見知りだったり友達だった場合もあれば、何人か知ってる人を言い合えば繋がりが出てくるような近い関係の人だったりします。

会ってすぐでも地元の話をすれば盛り上がることができるし、信頼関係を作るのに時間がかからない。

共通の話題が故郷であるのは付き合う上での大きなメリットだと言えます。

②お互いの実家が近い

お互いの実家が近い。

これは結婚した場合のメリットですが、非常に大きなポイントなので挙げました。

他県同士で結婚すると帰省が非常に大変になります。

決まった時期に巻き込まれることが分かっている大渋滞に乗らなければいけなかったり、乗車率が異常なことになってる満員電車に乗ったり、料金割増の飛行機を使わなければいけない可能性もあります。

年に数回と言っても、社会人になってからの貴重な休みに県をまたいでの帰省は想像以上にハードなのです。

まじで時間、お金、メンタルをごっそり削られます。

 

その点、お互いに帰省する先が同じなのは本当に楽です。

そのまま地元付近で生活していれば、なおのこと楽になります。

生活感のある理由で恐縮ですが、これはガチですよ笑

相談相手がたくさんいる

地元が近い人と付き合うと共通の知り合いが増えるので、気軽に相談できるというメリットがあります。

特に彼氏のことを知っている人や彼氏の友達だったら、聞きにくいことや込み入ったことまで相談できるのが嬉しいポイント。

一人で抱え込まずにいられるので破局率も低いと思います。

帰省中に出会いを探す方法

地元が近い(同じ)人と付き合うことにはメリットが多いです。

それでは帰省中に素敵な出会いを見つけるにはどうすればいいでしょうか。

同級生や知り合いだけでなく、色んな出会いを探す方法を紹介します。

TwitterなどのSNS

地元にいるからと言って、友達づてにしか出会いを探せないなんてことはありません。

現代はSNSを使えばいくらでも出会いを探すことができます。

出身が同じ、地元在住といった条件でいいと思った人には、普段から積極的に絡んでおくことが大切。

そして、帰省のタイミングで実際に会うことを提案することができます。

 

このやり方でハードルが高いと感じるなら、帰省中のイベントがチャンスです。

イベント名や地名でTwitter検索すると、必ず同じような人がいるので「もしよかったら絡みませんか」という感じ行けばイベントの高揚感もあってすんなりOKがもらえたりします。

アラフォーの私にとってはどちらにせよハードルが高い出会い方なんですけどね…。

近くにいる人を探せるマッチングアプリ

Twitterやインスタはそもそも出会いを探すツールではないので、そこから絡んで実際に会うまで持っていくのは中々にパーリーな方法です。

それが難しいと感じる方にオススメしたいのがマッチングアプリです。

現代は合コンや街コンよりもマッチングアプリで出会いを探すのが主流。

自分に合ったアプリを探す方法は以下の記事で書いていますが、

おすすめのマッチングアプリと失敗しない選び方
マッチングアプリっていくつあるか知ってますか? 改めて調べてみると滅茶苦茶種類が多いです。 私が知ってるだけでも数十種類以上あります。 マッチングアプリはサービスによっては怪しいものもあるし、時間を無駄にするだけの...

帰省のタイミングで近くにいる人を探したいのなら以下のアプリがおすすめです。

 

CROSS ME

ペアーズ

 

クロスミーは「すれ違いを恋のきっかけにする」をコンセプトに作られたマッチングアプリ。

すれ違った相手を記録してそこからマッチングできるという変わった仕様で、「お酒が好きなら居酒屋で」、「本が好きなら本屋の近くで」という風に歩く場所を絞って最初から趣味の合う人を探すことができます。

 

ペアーズでは「距離で検索」という機能を使って、自分の半径◯Kmにいる人を探すことができます。

地方では使っている人が少なすぎるという悩みも、帰省シーズンなら驚くほど簡単に解消できるかもしれません。

同級生や地元友達と会う

帰省中は地元の友達と遊んだり飲みに行く機会が増えます。

その流れでぷち同窓会的に大勢で集まったりすることも少なくありません。

そこでの出会いは気心の知れた人たちが相手なので、フラットに自然体で行くことができるのが大きな強みです。

 

また、お祭り、花火大会、初詣といった特殊な場所でばったり出くわすこともあるでしょう。

それ意外でも馴染み深い場所や、学生時代によく行った場所で偶然に出会うと運命的なものを感じますよね。

私は散歩がてら母校のグラウンドを覗きにいって、同級生と再開したことがあります(同性の友達でしたが)。

帰省の出会いは当たりが多い

県外で働いて色んな人と付き合ってきたけど結局は地元の人と結婚した、という人は意外と多いです。

その心は「色んな人と付き合うことで、地元の人が持つ人柄や雰囲気が自分に合っていることに気づいた」といったところでしょうか。

当時はなんとも思ってなかったけど、久しぶりに会ったら魅力を感じたってパターンもありますよね。

 

帰省は決して退屈、面倒なものではありません。

つい実家でダラダラゴロゴロしてしまいがちですが、思い切って昔の友達に連絡を取って近所のファミレスにでも行ってみましょう。

思いがけない出会いがあるかもしれませんよ(知らんけど)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました