40代独身女性の貧乏についてブログで考えた

お金

 

うわっ…私の年収、低すぎ…?

 

数少ない友達と話していると私の年収、貯蓄がぶっちぎりに少ないことを思い知らされます。

言い訳させてもらうと、20代の終わりから30代の後半くらいまで引きこもって貯金を崩しながら引きこもり生活してたんでしょうがないとは思うんですけどね(早口)。

アラフォー独身の同年代って絶対に私よりお金持ってるよなーと思ったわけです。

40代独身女性の大半は貧乏!?

平均年収は394万円

貯蓄額平均は959万円

これは総務省が平成26年に行った全国消費実態調査の40代独身女性のデータです。

色んなところに掲載されてるのですでに知ってる方も多いかもしれませんね。

 

40代が働き盛りだから稼いでいるのは当たり前として、「みんな結構貯金してるんだなぁ」というのが私の感想。

最初に書いた通り、私の場合貯金がほとんどないので1000万なんて夢の世界。

ただ、全体の3割くらいは貯蓄0の人がいて、逆に滅茶苦茶貯金している人もいるらしいので平均は当てにならない数字になってるらしいです。

なので、だいたい500万円くらい貯金していれば貯蓄額はかなり多い方だと考えてもいいそうですよ。

 

たしかに周りを見てもそれくらいがアベレージな感じはありますね。

それでは、もう少し先の未来の話を考えてみましょう。

老後は2000万必要?全然足りないですよ

老後に必要な資金は2000万ってよく言われてますよね。

60歳で退職して90歳くらいまで生きると仮定。

月の生活費を約15万円とすると必要になるのが5400万円。

年金、親の遺産、退職金などを込みで考えればだいたい2000万円程度自分で用意できればOK。

 

うーん…という感じですね。

そもそも年金がまったく当てにできないこと。

退職金が減っている可能性があること。

寿命が延びている可能性があること。

それらを踏まえると、ほぼ確実に2000万円以上は必要になるんじゃないかと個人的に思っています。

 

2000万円ってかなりアバウトに、しかも低めに見積もって誤魔化されて伝えられているような感じがしないでもないんですよ。

国は当てにできないし、仕事のAI化が進みまくって雇用が減ることも考えられます。

つまり、国や会社を当てにしないで自分で自分を守れるような力が必要になるということです。

40代独身女性は今貧乏でもいい

老後のために必要なのは自助の力。

普通に働いて貯金してたらどう考えても老後資金が足りなくなるので、貯金よりも自分でお金を稼ぐ方法を身につけておいた方がいいんじゃないかと思ったわけです。

とりあえず、パッと思いつく対策はこんな感じでしょうか。

 

対策①老後も働く

仕事を辞めたあともパートやアルバイトで働く人はかなり多いですよね。

地方なんかでは特にそう。

ただ近い将来、雇用が減っていくことを考えると超低賃金、もしくはボランティアのような形でしか働かせてもらえない可能性も全然ありそうですよね(あくまで想像ですが)。

アルバイトやパートはお金を稼ぐより、高齢者にコミュニティの場を提供する意図で機能するんじゃないでしょうか。

 

対策②お金の勉強をする

節約術や貯金に関するライトなことから、投資や副業のことなど難しそうなところまで。

今からでもお金の勉強をしておくことはすごく大切なんじゃないかと思います。

世の中で成功している人って奇抜なアイディアや才能だけでやってるわけじゃないんですよ(そう見えるだけ)。

たくさん勉強してベースとなる知識があっての結果です。

 

対策③副業を始める

メルカリとか有料note販売とか、今って本当に副業がしやすい時代になりましたよね。

私の知り合いにもメルカリ転売で本業より稼いでいる人がいます。

中には旦那の収入を超えてしまって言い出せない人なんかも。

趣味や特技を仕事にできたり、好き勝手に書き綴ったり喋ってるだけで稼げるのが副業の面白さと可能性。

やってる人からしたら「なんでやらないの?」って聞きたくなるレベルだそうです。

サポートしてくれる相手を見つけるという選択肢

おそらく、40代独身女性で「絶対に結婚したい!」と思ってる人は少ないと思います。

かと言って一生独身で行くと決めてるわけでもない。

いい出会いがあれば…、いい人がいれば…、

まぁできればいいよね」くらいの感覚ではないでしょうか(私はそんな感じです)。

 

ただ、老後の生活や資金繰りのことを考えた時、サポートしてくれる相手を見つけることは有効な手段だと思います。

そう言ってしまうと嫌らしく聞こえるので訂正すると、サポートしてくれるというよりお互いにサポートし合える関係という感じです。

生活を助け合うのはもちろん、金銭的な面でもリスクの分散ができるのはいいんじゃないでしょうか。

 

結婚とは言わなくても、気軽に付き合える異性の友達がいるだけでも精神的な余裕はかなり生まれます。

もちろん、いい相手を探すのは楽ではないし付き合うということは相手のリスクも分け合うということ。

選択肢の一つとして考えておいてもいいと思います。

アラフォー独身の私がたった2週間で彼氏を作った方法
今の仕事はやりがいがあるし、好きなものを食べたり旅行に行ったりもできる。 服もアクセも欲しいものが買えてそこそこに満足度の高い生活を送れている。 それでも夜に一人でベッドに入るとどうしようもなく考えてしまうことがあります。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました