40代独身女性で貧乏は珍しくない!?貧乏になってしまう理由と対策を考えてみました!

40代独身女性,貧乏お金

40代独身ですが、手取りが20万を超えていません。

貯金もろくにできないし今後のことを考えると不安で仕方ありません…。

40代独身貧乏、私のことです。

40代で貧乏な人って少なくないと思っていましたが、友達に話を聞くと自分の収入と貯蓄が少ないことを思い知らされます。

(言い訳させてもらうと、しばらく引きこもって貯金を崩しながら生活をしてた時期があります)

そんなわけで今回は、「40代独身女性の貧乏問題」に向き合っていこうと思います。

40代独身女性の大半は貧乏!?

平均年収は394万円

貯蓄額平均は959万円

これは総務省が平成26年に行った全国消費実態調査の40代独身女性のデータです。

色んなところに掲載されてるのですでに知ってる方も多いかもしれませんね。

 

40代が働き盛りだから稼いでいるのは当たり前として、「みんな結構貯金してるんだなぁ」というのが私の感想。

少なくとも私にとっては貯金1000万↑なんて夢の世界。

ただ、このデータによると全体の3割くらいは貯蓄0円の人がいて、逆に滅茶苦茶貯金している人もいるらしいので平均は当てにならない数字になってるらしいです。

なので、だいたい500万円くらい貯金していれば貯蓄額は多い方だと考えてもよさそうです。

 

たしかに周りを見てもそれくらいがアベレージな感じはありますね。

それでは、もう少し先の未来の話を考えてみましょう。

老後は2000万必要?全然足りないです

老後に必要な資金は2000万と言われています。

60歳で退職して90歳くらいまで生きると仮定。

月の生活費を約15万円とすると必要になるのが5400万円

年金、親の遺産、退職金などを込みで考えればだいたい2000万円程度自分で用意できればOK。

 

いやいや笑、きついと思うけどなー!

うーん…という感じですね。

そもそも年金がまったく当てにできないこと。

退職金が減っている可能性があること。

寿命が延びている可能性があること。

それらを踏まえると、ほぼ確実に2000万円以上は必要になるんじゃないかと思います。

 

2000万円ってかなりアバウトに、しかも低めに見積もって誤魔化されて伝えられているような感じがしないでもないんですよ。

国は当てにできないし、仕事のAI化が進みまくって雇用が減ることも考えられます。

つまり、国や会社を当てにしないで自分で自分を守れるような力が必要になるということです。

自分がなぜ貧乏なのかを知ることが大切

貧乏な状態から抜け出したい、不安な老後を送りたくないと思うのは誰だって同じ。

しかし、漠然と「お金持ちになりたいなー」と考えていてもその願いが叶うことはまずありません。

お金をどう稼ぐかを考えるよりもまず、自分がなぜ貧乏になっているのかを知ることが先決です。

例えば、貧乏のタイプは大きく分けて3つあります。

①収入が少なくて貧乏

・非正規やアルバイト
・基本給がとにかく少ない
・健康上の問題や家庭の事情からフルタイムで働けない

理由は様々ですが、収入が少なすぎて貧乏になってしまう人は多いと思います。

計画的に貯金しようにも収入自体が少なければ限界があります。

節約上手だとしてもそもそもの収入が少なければカツカツ生活からは抜け出せません。

このタイプの貧乏な人は、節約や貯金を頑張るよりも収入を上げることを目標にした方がいいと思います。

思い切って転職、副業に挑戦、方法は色々あるはずです。

②貯金ができなくて貧乏

・実家暮らし
・散財癖がある
・楽観主義

給料の有無に関わらず、お金をあるだけ使ってしまう人は貧乏に苦しみます。

給料を全部自分のお小遣いにしてしまったり、欲しい物や遊びで好き放題使ってしまったり、

「今は貯金はできないけど、これから頑張ればいいかな」と無駄に楽観的だったり。

こうした人はいくら稼いでも稼いだ分使ってしまう恐れがあるので、貯金や節約術、投資信託などに力を入れた方がいいでしょう。

もちろん、分からないことは自分で調べるなりして勉強する必要があるので、面倒ではあるんですけどね。

③収入が少なくて貯金もない貧乏

・その日暮らしで精一杯
・心身を病んでいる(いた)
・究極の怠け者

できればなりたくない、最悪の貧乏は収入&貯金無しだと思います。

そして悲しいかな、私はここに該当します。

この場合、ただ貧乏なだけならまだいい方で、借金があったりすると事態はさらに深刻になります。

とりあえず、再起を図ろうにもその日暮らしで精一杯な可能性も高いので、

一度実家に戻るなりして生活の安全確保、実家に頼れないなら生活保護なども視野に入れた方がいいです。

 

このタイプの貧乏な人は「結婚すれば安定する」と寄生思考を持っていたりもしますが、

お金目的で寄ってくる一文無し女を選ぶ人なんていないので期待はできません。

仮にメチャクチャ美人だったり可愛かったりしてもアラフォーなら難しいと考えた方がいいでしょう。

W貧乏は一生抜け出せないように思えますが、私はなんとか抜け出しつつあります。

もちろん、たくさん勉強してたくさん挑戦して、収入源を増やしてコツコツやってきての現在です。

いきなりポーンと貧乏を脱出できたわけではありません。

40代独身女性の貧乏への対処法

老後のために必要なのは自助の力。

普通に働いて貯金してたらどう考えても老後資金が足りなくなるので、自分でお金を稼ぐ方法を身につけておいた方がいいんじゃないかと思いました。

とりあえず、パッと思いつく対策はこんな感じでしょうか。

対策①老後も働く

仕事を辞めたあともパートやアルバイトで働く人はかなり多いですよね。

地方なんかでは特にそう。

ただ近い将来、雇用が減っていくことを考えると超低賃金、もしくはボランティアのような形でしか働かせてもらえない可能性も全然ありそうですよね(あくまで想像ですが)。

アルバイトやパートはお金を稼ぐより、高齢者にコミュニティの場を提供する意図で機能するんじゃないでしょうか。

対策②お金の勉強をする

節約術や貯金に関するライトなことから、投資や副業のことなど難しそうなところまで。

今からでもお金の勉強をしておくことはすごく大切なんじゃないかと思います。

世の中で成功している人って奇抜なアイディアや才能だけでやってるわけじゃないんですよ(そう見えるだけ)。

たくさん勉強してベースとなる知識があっての結果です。

ざっくりと簡単に、安く、網羅的にお金関連の知識や情報を得たいのならこちらの本がおすすめです↓

対策③副業を始める

メルカリとか有料note販売とか、今って本当に副業がしやすい時代になりましたよね。

私の知り合いにもメルカリで本業より稼いでいる人がいます。

中には旦那の収入を超えてしまって言い出せない人なんかも。

趣味や特技を仕事にできたり、好き勝手に書き綴ったり喋ってるだけで稼げるのが副業の面白さと可能性。

やってる人からしたら「なんでやらないの?」って聞きたくなるレベルだそうです。

対策④サポートし合える相手を見つける

おそらく、40代独身女性で「絶対に結婚したい!」と思ってる人は少ないと思います。

かと言って一生独身で行くと決めてるわけでもない。

いい出会いがあれば…、いい人がいれば…、

まぁできればいいよね」くらいの感覚ではないでしょうか(私はそんな感じです)。

 

ただ、老後の生活や資金繰りのことを考えた時、サポートし合える相手を見つけることは有効な手段だと思います。

生活を助け合うのはもちろん、孤独にならないために、金銭面で困らないためにもやはりメリットは大きいと思います。

もちろん、自分が無一文で寄生目的なら上手くいかないのでオススメはしません。

おすすめのマッチングアプリと失敗しない選び方
マッチングアプリっていくつあるか知ってますか? 改めて調べてみると滅茶苦茶種類が多いです。 私が知ってるだけでも数十種類以上あります。 マッチングアプリはサービスによっては怪しいものもあるし、時間を無駄にするだけの...

【おすすめの婚活アプリ】

youbride(実績No.1の定番婚活アプリ)

マリッシュ(シンパパ・シンママ優遇の人気婚活アプリ)

Match.com(ハイスペ男子多めの世界最大級婚活アプリ)

【おすすめの恋活アプリ】

・ペアーズ(幅広い年齢層が利用する老舗マッチングアプリ)

・omiai(老舗の恋活・婚活アプリの定番)

【結婚相談所】

婚活Lead(自分に合った結婚相談所を無料でリストアップ)

スマリッジ(初めてのオンライン結婚相談所ならここ一択!)

【恋愛や結婚の無料相談】

お金
七海をフォローする
恋愛@HACK&UP

コメント

タイトルとURLをコピーしました