40代独身女性が後悔に向き合う方法

人生

40代は後悔の多い時期。

どれだけ過去を振り返らないと決めていても輝いている他人の人生を見た時、自分にもあったかもしれない別の人生を想像すると、

「もっとああしておけばよかった」

と思わされます。

今回はそんな後悔に向き合う方法を考えてみました。

40代独身女性にありがちな後悔

若い頃に結婚しておけばよかったという後悔

仕事に打ち込んでいて気づいたらアラフォー。

仕事を頑張ってきたことに後悔があるわけじゃないけど、仕事を言い訳にしていた気持ちがどこかにあったことに後悔がある、という方は多いと思います。

40代から結婚することはできます。

ただ、難易度は若い頃に比べて格段に上がっています。

戻らない時間に後悔してる暇があったら、すぐにでも行動した方がいいんですけどね…。

一人暮らししておけばよかったという後悔

収入面の柱となり、親の面倒を見ているうちに実家から出られなかった。

「問題ないし無理して出る必要がないから」と実家にい続けたことで、心の中に甘えがあったのではないかと感じる気持ち。

一人暮らしをしたから自立だとは思いませんが、ずっと実家にい続けたことに劣等感を感じてしまう人はいます。

色んなことに挑戦しておけばよかったという後悔

やりたいことや行きたい場所。

「いつか行けたら…」、「今は忙しいから…」

そんな風に後回しにしていると、「いつか」なんて来ないし「余裕」なんて生まれないことに気づきます。

時間もタイミングも自分で生み出すもの。

これは40代で気づけてよかったと思うことなのかもしれませんが、もっと若い頃に気づききたかったです。

自分に優しくしていればよかったという後悔

若い頃って自分への劣等感が過剰に膨らんでいませんでしたか。

自分の顔が嫌、体型が嫌、親が嫌、住んでる街が嫌。

そんな風に何でも否定する自分の性格が嫌、何もかも嫌。

自分の悪いところだって自分の一面です。

そんな過去を振り返る時、自分を受け入れて優しくしてあげればよかったと思います。

他人と比較しなければよかったという後悔

現代で言えばSNSの投稿にネガティブになってしまうことなんかが挙げられますね。

他人の部分的な幸せや切り取られ演出された充実感に、自分の一番悪いところをぶつけて勝手に落ち込む。

自分以外のみんなが楽しい日々を送っているかのように見えてしまう妄想。

他人と比較したってろくなことはありません。

そんなことをすれば、今ある幸せですら不幸に変えてしまうからです。

計画的に貯金しておけばよかったという後悔

やっぱりお金は大事ですね、はい。

何も考えずに散財していた自分をひっぱたいてやりたいという人はたくさんいるでしょう。

私もメンタルを病んでいたとはいえ、引きこもって貯金を全て使ってしまったことが未だに後悔があります。

ネガティブな人とは距離を置けばよかったという後悔

小学校の先生が言ってました。

「綺麗な水に一滴でも墨汁をたらすと、濁りが生まれてしまう」と。

人との交わりはまさにそうだなーと今は強く実感しています。

ネガティブな人と一緒にいると、確実にこちらもそのペースや空気になっていくんですね。

場合によっては転職してでも避けた方がいい人間はたしかにいるのです。

アラフォーが見てきた「やばい男の見分け方」
独断と偏見の男がつけてる地雷アイテム一覧です。 pic.twitter.com/ZlVB29SAoC — 底辺ちゃん (@syatomi_) May 19, 2020 ↑こちらのツイート。 けっこう前に話題になっていた...

40代独身女性が後悔に向き合う方法

未練がましく過去にとらわれるのはよくないこと。

そんなことは分かっています。

ここからはそんな後悔に向き合いながら少しでも前に進むための方法を考えたいと思います。

常識や世間体に流されない

他人の評価ではなく自分のために生きる。

幸せの形も理想の人生も、誰かの視線を気にしながらだったり評価や自己顕示にまみれていればいつまで経っても手に入れられません。

しかし、私の中には常識や世間体がどうしようもなく染み付いていたので、反射的に社会的な行動を取ろうとする癖があったんです。

 

けど、そうじゃないんですよね。

もちろん他人に迷惑を掛けることはいけませんが、自分のやりたいことにはもっと正直になったってよかったんです。

ずいぶんと時間はかかりましたが、40代でようやくその境地にたどり着けました。

 

自分で決めることは怖いことです。

皆に合わせるのが正解な気がするし、間違っていたらどうしようと不安になってしまいます。

しかし、それも飲み込んで決断する先にこそ、本当に自分が望むものがあったら?

私はためらわずに、いやためらうかもしれないけどそれでも前に進む人間でありたいです。

出会いを大切にする・行動する

40代になると新しい出会いが少なくなっていきます。

それは異性という意味でもそうだし、友達という意味でもそうです。

新しい場所やコミュニティに行くこともなく、自宅と会社を往復するだけの淡々とした毎日。

 

「もっと若い頃に人と交流しておけばよかった」

そう思うのだったら今からでも新しい出会いを大切にしていけばいいだけの話です。

友達は今からいくらでも作ることができるし、彼氏だって作れるし、結婚だってできます。

無理だと自分で決めてしまわなければ、いつだってチャンスはあるのです。

アラフォー独身の私がたった2週間で彼氏を作った方法
今の仕事はやりがいがあるし、好きなものを食べたり旅行に行ったりもできる。 服もアクセも欲しいものが買えてそこそこに満足度の高い生活を送れている。 それでも夜に一人でベッドに入るとどうしようもなく考えてしまうことがあります。 ...

今できることを考える

時間は巻き戻すことができません。

やりなおせない、一方通行、止まらない。

だからこそ後悔って言葉があるんでしょうね。

 

しかし、もしも自分が未来からタイムスリップしてきてたとしたら?

10年後の50代の自分が「ああしておけばよかった」という後悔から40代の今に飛んできていたとしたら?

40代で後悔している暇なんてありませんよね。

思い立った瞬間が一番早くてベストなタイミング。

そう信じてやっていくことでしか、未来の後悔の芽はつめないんだと思います。

後悔のない人なんていない

後悔はしない方がいいとは言われてますが、それはただただ悲しみ苦しみに打ちひしがれてしまうから。

反省して今後のために活かすことができるのなら、むしろ大切なことなんじゃないかと思います。

なんて言うのは、「後悔してしまっている自分」に憂鬱にならないための負け惜しみのようなものです。

 

「不惑」

 

中国の春秋時代の思想家である孔子は、「四十にして惑わず」(40歳前後で人生に対する迷いが消えた)と言っています。

孔子さん、すげーっす!

私なんて惑いまくりの後悔しまくりで、選ばなかった全ての選択肢に夢のような可能性があったんじゃないかと妄想してしまうことがあるんです。

今までの人生に後悔はなくても、あったかもしれない別の可能性には後ろ髪を引かれるんですね。

 

しかし、人生はあったことが全てだし、ないものねだりをしても仕方ないもの。

やはり後悔はほどほどにした方がいいんですね。

そんな感じで不惑ならぬ惑いしかないこの40代を生きていこうと思った次第です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました